検索
  • 伊勢 順バレエ団

ピルエットの練習

オーディションに合格した卒業生の方に

「振付ってピルエットってないんですね」

と言われたことがあります。


確かに、舞台やミュージカル、テーマパークなどの踊りでは、場面や作品の表現に合わせて振りがつきますし、snsの影響でアップなどで身振り手振りなど簡単に出来る動きの方が親しまれやい時代というのもあって、ピルエットなどの回りものはあまり使わない傾向にあります。


ですが、テーマパークダンサーなどのオーディションでは入っていることが多いです。ピルエットの回るときの姿勢、スピードの出し方、回数など、回りもの動きにはテクニックがでます。


ピルエットが回れるには、きちんと腰で立つ必要があります。腰で立つには重心や体幹が訓練されていないと出来ません。訓練されていない体ではどんな踊りもかっこよくこなせません。


ですから、舞台の振付はピルエットはなくとも、ピルエットがある程度きちんと回れるレベルのテクニックと体を必要としますので、レッスンには欠かせない練習です。

32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

バレエ教室、ダンススタジオの選び方

バレエ教室やダンススタジオ、ダンススクールを選ぶ時に大事なことの一つは床です。 かたい床でのレッスンは足が太くなります。 運動で太くなった足はその運動をやめれば元に戻りますが、かたい床で太くなった足は元に戻るのに時間がかかります。 かたい床は、足腰に衝撃を和らげることなく与え続けてしまいますので、ダンスを長く楽しむためにも、当スタジオでは足腰に優しい三重構造の床となっております。