検索
  • 伊勢 順バレエ団

舞台で使う縫いぐるみの被り物

5月に予定していた公演が延期となり、来年の1月10日(日)となりました。

衣裳や小道具などは全てお貸しするのですが、量の多さに使用するものがなかなか見つからないこともあります。

連休中に「眠れる森の美人」第三幕の「赤ずきんと狼」で使う狼の被り物を探していたのですが、見つかったのは、うさぎでした。(可愛いので違う曲で、うさぎを使うことになりました!)

中は頭が入るように筒型に固定されており、顎に紐をかけて固定します。

被った状態での視界は、左右が遮られ、目の前しか見えず、とても狭い視界となります。

当スタジオからも、キャラクターダンサーで活躍している先輩は多いですが、プロの方はこれを被って踊り、ゲストの方にグリーティングをするので尊敬せずにはいられないです。

コロナの影響で、劇場やテーマパークの運営が難しい日々が続きます。

早く終息して、舞台やミュージカル、お芝居やダンス、パレードダンス、ショーダンスなど楽しく遊びに行けるようになりたいですね。



95回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

バレエ教室、ダンススタジオの選び方

バレエ教室やダンススタジオ、ダンススクールを選ぶ時に大事なことの一つは床です。 かたい床でのレッスンは足が太くなります。 運動で太くなった足はその運動をやめれば元に戻りますが、かたい床で太くなった足は元に戻るのに時間がかかります。 かたい床は、足腰に衝撃を和らげることなく与え続けてしまいますので、ダンスを長く楽しむためにも、当スタジオでは足腰に優しい三重構造の床となっております。